内容を理解するだけでより楽しくなる

世の中にはスポーツに関わらず様々なものに対してルールというものが定められています。

ルールを定める事によって、スムーズにもの事を運ぶことができたり、他人に迷惑をかけないようにしたり、争い事や揉め事を減らしたりと様々なメリットが挙げられます。

生活を行う上でもルールを守り従う事によって、より良い生活を送る事ができるのです。

私達の生活の中では、ルールは無くてはならないとても重要なもとなっています。

サッカーにも勿論ルールが定められており、試合を行う際はそのルールに基づいて試合が行われます。

先ず、サッカーの試合を行う祭には、フィールド(競技場またはグランドの事)と呼ばれる場所で行われますが、そのフィールドの大きさもサッカーのルールによって定められています。

フィールドの大きさは、縦90m~120m、横45m~90mで、ワールドカップやオリンピックなどの国際試合では、縦105m×横68mと定められています。

試合で使用するボールのサイズも、外周が68㎝~70㎝以内、重さが410g~450g以内と定められています。

試合を行う際のプレイヤーの人数は、1チーム11人のプレイヤーが必要とされ、そのうちの1人には必ずゴールキーパーを入れなければいけません。

また、プレイヤーの人数が11人に満たない場合でも、7人以上のプレイヤーがいれば試合を行う事は可能とされています。

試合を行う2つのチームのうち、どちらかのチームのプレイヤーの人数が7人未満の場合は試合を行う事は出来ません。

試合時間は、前半45分後半45分のトータル90分で行われますが、年齢(小学生など)や性別(女性)などによっては試合時間の変更が可能となっております。

前半と後半の間にはハーフタイムという休憩時間が15分ほど設けられています。

また、試合の途中で行われる選手の交代や選手の方の負傷による選手交代などで時間を割いてしまった場合、その中断された時間を審判の方が計測し「ロスタイム」として試合時間に加算する事ができます。

一概には言えませんが、基本的にロスタイムは5分以内とされています。

試合の時間内に勝敗がつかない(同じ得点などの)場合は、そのまま引き分けとして試合を終了する場合がほとんどではありますが、勝敗をつけなければいけない試合の場合には延長戦が行われます。

延長戦の時間は、基本的に前半15分後半15分のトータル30分で行われます。

延長戦でも勝敗がつかない場合はPK戦が行われますが、まれなケースの場合では延長戦が行われずにPK戦が行われる場合もあります。

このようにサッカーの試合を行う際には、様々なルールが設けられているのです。

このようなルールが設けられているお陰で試合をスムーズに行う事ができるのです。