いろいろな説があり真実は闇の中

サッカーは世界的に人気のあるスポーツとして老若男女に問わず多くの方に人気があります。

日本でもその人気は留まる事なく常に多くの方から注目を集めています。

日本では平安時代に蹴鞠というサッカーによく似た遊びがありましたが、それは中国の伝統文化でもあります蹴鞠から伝えられたものとされています。

その中国の蹴鞠がサッカーの起源だという説が現在最も有力とされており、国際サッカー連盟(FIFA)も最も古い形態のサッカーは中国の蹴鞠(しゅうきく)だと述べています。

ですが、サッカーの起源には諸説ありまして「中国説」の他にも「イングランド説」や「イタリア説」も有力説として伝えられています。

「イングランド説」は、最も有名な説として伝えられており、その歴史は古く8世紀までさかのぼります。

8世紀頃のイングランドでは戦争で勝利した際に、イングランドの兵士たちが相手側(負けた方)の国の将軍の首を切り取って戦争に勝利した事を称える意味として、その切り取った首を蹴りお祝いをしたと伝えられています。

その風習が後に変化を遂げ、モップゲームという遊びや祭りとして一般の方々へと浸透していったそうです。

その遊びとは、将軍の首に見立てられたボール(球)を王妃がお城から民衆へ向かって投げ、その投げられたボールを民衆が蹴り競い合いながら、ゴールとされる隣町の門まで運んでいくというゲームだったそうです。

因みに、このゲームには時間制限も人数制限も設けられておらず、ルールは無いに等しいものだったそうです。

きちんとしたルールが設けられていない為、様々なやり方でゲームが行われていた結果、死者がでる事もあったそうで幾度となく禁止令が出される事もあったそうです。

その後、「パブリックスクール」の設立によって、フットボールが近代的なスポーツとして取り入れられた事により、これまで無いに等しかったルールが設けられるようになったそうです。

「イタリア説」は、8世紀頃のイタリアでは、カルチョというサッカーによく似た遊びが行われてたと伝えられています。

その遊びとは、宮廷の門の前に数名~数十名の男性が集まり、ボールを蹴り合いお金を掛けるというゲームが行われていたようです。

このカルチョというゲームは、サッカーというより格闘技の要素が強く取りいれられていたゲームだったようです。

このように、サッカーの起源には幾つかの説がありますが、最も有力とされている説はやはり中国説が強いのかもしれません。