選手のポジショニングは自由

サッカーは1チーム11人の選手で構成され行われるスポーツです。

その11人の選手達それぞれ1人1人に役割が与えられおり、選手達はそれぞれのポジションに就いて試合が行われます。

サッカーのポジションは大きく分けますと「ゴールキーパー(GK)」「ディフェンダー(DF)」「ミッドフィールダー(MF)」「フォワード(FW)」この4つに分けられています。

今回は、そのサッカーのポジションについて簡単にお話をさせて頂きたいと思います。

「ゴールキーパー(GK)」とは、ゴールを守る役割のポジションについている選手の事を指します。

11人の選手の中で唯一、ペナルティエリア内に限り手を使用してボールに触れる事を良いとされている選手です。

他の選手に比べますと運動量は少なめではありますが、反射神経や瞬発力、判断力などが強く求められるポジションです。

また、全体を見渡す事ができるポジションですので選手達に指示を出したりするなど重要な役割も行います。

「ディフェンダー(DF))」とは、主に自ゴール近くの後方の位置で相手チームからのボールを自ゴールへ入れさせないようシュートを阻止する役割のポジションについている選手の事を指します。

ディフェンダーがチームに何人いるかを指す言い方を「~バック」と言いいます。

例えば、チームにディフェンダーが3人なら「3バック」4人なら「4バック」という言い方をします。

ディフェンダーのポジションは、「センターバック」と「サイドバック」の2つの分類に分けられており、センターバックは更に細かく「スウィーパー」「ストッパー」「リベロ」と3つの分類に分けられております。

「センターバック(CDF)」とは、チームが4バック時の際に、ディフェンスライン中央のゴール前方の位置についている選手の事を指します。

「サイドバック(SB)」とは、チームが4バック時の際に、左右両サイドの位置についている選手の事を指します。

「ミッドフィルダー(MF)」とは、フィールド中央のフォワードとディフェンダーの中間に位置し、両方のポジションのつなぎ役として攻撃と守備の両方の役割を果たすポジションの事を指します。

ミッドフィルダーは主に大きく分けて、攻撃担当の「攻撃的ミッドフィルダー」と守備担当の「守備的ミッドフィルダー」のポジションのに分けられており、更に細かく分けますと「セントラル・ミッドフィルダー」「サイド・ミッドフィルダー」「ウィングハーフ」「センターハーフ」「ウィングバック」に分けられています。

「フォワード(WF)」とは、相手チームのゴールの最も近くの位置に付いており、相手ゴールにボールをシュートし得点を取る事が主な役割とされております。

フォワードがチームに何人いるか指す言い方を「~トップ」と言い、チームにフォワードが2人なら「2トップ」3人なら「3トップ」という言い方をします。

フォワードを細かく分けると「センターフォワード」「セカンドトップ」「ウィング」の3つに分けられます。

簡単ではありましたが、以上がサッカーを行う上で必要なポジションとされております。是非、参考にしてみて下さい。