各国で盛り上がりを見せるサッカー

サッカーはスポーツの中でも常にトップの人気を誇っており、老若男女に問わず多くの方々に愛され親しまれているスポーツです。

サッカー人気は日本だけに留まらず、全世界にサッカーファンがいると言っても過言ではないほど、世界のあらゆる国で人気のスポーツとされています。

ワールドカップが開催されますと世界各国で盛大な盛り上がりを見せますよね。

それがサッカー人気の何よりの証拠ではないでしょうか。

世界的な人気を誇っているサッカーは、子供がやってみたいスポーツでも親が子供にさせたいスポーツでも常に上位に上がっています。

そもそもサッカーとは、1チーム11人の選手で構成された2つのチームがボールを競い合うというスポーツです。

基本的には1チーム11人の選手で構成されていますが、選手が11人ではなくても7人以上の選手が集まっていれば試合を行う事はできます。

ですが、各チームには必ずゴールキーパーという自ゴールを守る役割の選手を置く事が義務付けられています。

その2つのチームが敵味方となってボールを競い合い、相手のゴールにボールを入れるとボールを入れた選手のチームに得点が加算されます。

相手チームのゴールへボールを運ぶ際は、主に足を使用してボールをコントロールしながらゴールへと運んでいきます。

足以外にも頭や胸などを使用してボールをコントロールしますが、手や腕を使用する事はゴールキーパー以外の選手は許されておりません。

ですので、ゴールキーパー以外の選手の方の手や腕がボールに触れてしまいますと反則となってしまいます。

ゴールキーパーだけが手でボールを持ったり触れたりすることを許されており、手以外にも体の全ての部位を使用する事が許されています。

ゴールキーパーは、自チームのゴールに相手チームからのボールを入れさせないようにと体全体を使って阻止する役割を果たすのです。

サッカーの試合時間は前半45分後半45分のトータル90分で行われ、前半と後半の試合の間には15分の休憩時間が設けられています。

試合に出場しているゴールキーパー以外の選手の方は、基本的に試合を行っている間は常にボールを追いかけて全力で走っている状態ですので、もの凄い体力を使う事になります。

基本的に45分間ずっと全力疾走でボールを追いかけ回しているのですから、選手の方々の体力と熱意は半端ないですよね。

この選手達の熱意が観戦している側にも伝わって応援にもついつい力が入ってしまうのかもしれませんね。

何とも熱いスポーツではないでしょうか。

サッカーが世界各国で高い人気を誇っている理由が分かるような気がします。