ニキビ跡をどうにかこうにか


なぜニキビができると嫌なのでしょうか。もちろん見た目が悪くなってしまうからです。特にニキビはでこぼこするだけでなく赤くなったり白く膿んだりしてしまいますからね。



ニキビができる場所としてはフェイスライン、つまりあごなどが多いです。ここはひげが男性であれば生える場所ですので、やはりニキビは男性ホルモンがその発生に関与しているようです。



なぜニキビができてしまうのでしょうか。成人以降にできる大人ニキビの場合、ストレスや食生活などの生活習慣がその大きな原因だと言われています。



さきほども書いた男性ホルモンは、女性であっても分泌されます。その量がストレスによって多くなってしまうと、皮脂が増えてしまい、毛穴をつまらせるのです。



とはいえ皮脂=敵でもありません。皮脂がなければお肌が乾いてかぴかぴになってしまいます。これではお肌を守る機能が働いてくれません。



つまり、皮脂の量が多すぎてもいけない、でも少なすぎてもいけないという状態になるのです。



それではどうしたらいいのでしょうか。まず、ストレスを減らすことです。実際にはとてもむずかしいですけど…。そして、洗顔で皮脂を洗い流します。その上で、ニキビ化粧水や乳液などで保湿成分を補ってあげましょう。



ニキビ跡消すことはできますが、それよりも建設的なのはニキビの数を減らすこと。その上で、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの入ったコスメでニキビ跡を消すのがよいでしょうね。